活動報告

2012/07/10

北海道視察

県政会神奈川県議会議員団は、北海道において、観光振興や農産物への取組、北海道南西沖地震からの復興への取組等について視察調査いたしました。

調査項目:

  1. 道内農産物のブランド化の取組について
    1. 北海道稲作をめぐる情勢
    2. 北海道畑作農業をめぐる情勢
    3. 北海道の酪農をめぐる情勢について
  2. 北海道南西沖地震の経験を踏まえた防災対策の取組について
  3. まちづくり及び既存イベントの活用による観光振興の取組について

調査先機関等:

  1. 北海道庁
  2. 一般社団法人 北海道食産業総合振興機構
  3. 函館商工会議所
  4. 奥尻町

参加者

  • 山本俊昭
  • 川上賢治
  • 笠間茂治
  • 飯田誠
  • 馬場学郎

北海道 県政調査報告

2012.7.10

北海道庁

北海道庁にて、「道内農産物のブランド化の取組について」の調査事項説明および質疑応答を行いました。
北海道農政部食の安全推進局の忠津章氏、小檜山久寿氏、黒崎嘉方氏、瀬川辰徳氏により説明が行われました。

「北海道南西沖地震被害の復旧について」の被害の状況、復興復旧への取り組みの調査および質疑も、総合政策部地域づくり支援局の武市淳氏の説明で行われました。

(一社)北海道食産業総合振興機構

(一社)北海道食産業総合振興機構にて、より現場サイドからの意見を調査するため、同機構の販路拡大支援部の瀬尾英生氏に説明を伺い、質疑を行いました。

  • 生産段階、加工段階における付加価値向上への取り組み
  • 地域発食クラスタープロジェクトの推進
  • 食と観光との融合による観光産業の振興
  • フード特区プロジェクトについて

2012.7.11

早朝の函館朝市見学

函館商工会議所

「まちづくり及び既存イベントの活用による観光振興の取り組み」を、函館商工会議所にて函館商工会議所の黒川宣之氏、酒井康次氏より聞き取り調査いたしました。

奥尻島内を調査・視察

「北海道南西沖地震からの完全復興の道程と防災対策の取り組み、漁業復興について」の調査のため、奥尻島に移動し、奥尻島議会議長の麓敏也氏の出迎えを受け、奥尻町議会局次長木村孝義氏より説明を受けました。

慰霊のための「賽の河原」

慰霊碑

耐震岸壁の漁港、高台へ速やかに移動できる避難路

なべつる岩

産業復興のモニュメント「ウニのオブジェ」

高さ23mの津波が襲った痕跡の地区、青苗地区の津波避難施設「望海橋」

復興基金を利用し、再操業を果たしたイカ釣り漁船

など、案内を受けて視察・調査いたしました。

2012.7.12

島内の各所を調査・視察

地震の慰霊碑が建つ「時空翔」

悲惨な状況の現地の状況を克明に展示保存する「奥尻島津波館」

北海道南西沖地震について